防災 水蔵

蓄電池

太陽光発電

安全な地下室

自主防災住宅

長期優良住宅

会社案内

施行例

土地・建物

介護事業みらい

全国住宅産業協会

伊藤忠建機株式会社

太陽光発電 普及拡大センター

E-solar

自立型蓄電池あなたの家族を守る貯水装置
蓄電池の特徴
家庭への普及が一般的になってきた太陽光発電は、太陽の出ている日中しか使用できず、雨、曇り、夜等は使えないという点が問題です。
蓄電池があれば、災害等の停電時に電力の供給がはかれる他、電気代の安価な夜間に充電し、貯めておいた電気をいつでもず利用することができます。
さらに、FAS社開発の自立型蓄電池は従来のものより多くのメリットがあります。

商品ラインナップ

システム設置のご注意

・太陽光パネルとの連系する目的でのシステムの設置には電気工事士の有資格者による
 設置工事が必要です。
・また、太陽光パネルも同時に設置をお考えの場合には、パネルの設置工事も必要となります。
・どちらも場合につきましても、弊社にて設置工事を承りますので、ご相談ください。

使用上のご注意

・室内の、直射日光を避け、水はけの良い、  高温多湿にならない場所に設置してください。
・FASの専門管理者以外の方は、修理・改造は行わないでください。
・爆発物がある場所及び爆発性ガスの発生する場所には設置しないでください。

蓄電池システムの電力の仕組みとは?

ダムに例えると、降る雨(太陽光パネル)が貯水池(蓄電池)に貯め、ダム(インバーター)を通って放出されます。
蓄電池に電気を貯める時には、蓄電器が必要になります。




直流(DC)と交流(AC)って何?




従来型蓄電池とFAS社開発蓄電池の違い

従来型蓄電池システム FAS社開発自立型蓄電池システム
従来型蓄電池システム
従来型蓄電池システム

太陽光パネルとの連係にパワコンと
外部電力を必要とする蓄電システム。
主に電力を購入して蓄電。
※「直流」と「交流」の変換が多く
 電力ロスが多い。

太陽光パネルとの連係にパワコンも
外部電力も必要としない蓄電システム。
電力を購入せずに蓄電。
直流と交流の変換が1回で電力効率が良い
※今回開発したシステムには、
 AC充電器も併設いたします。  
※あくまで太陽光パネルとの接続においてのみ。
 外部電力との連携の必要ありません。

クリーンで経済的!

経済的
FAS社開発の自立型蓄電池システムなら太陽光発電と組み合わせ、電気料金が高い時間帯に自家発電分の電気を使うこと等もでき経済的です。
また、電気を貯めることが出来るので商用電源を使わずに停電時でも、電気を利用することが出来る様になります。

導入に手間が掛からない!

簡単
パワコンも外部電力も必要といない為、東京電力の認可の必要が無く導入に手間が掛かりません!

電力を安定供給!

安定
太陽光発電で得られた電力の余りをためておいて、不足した時間帯に安定して供給することが可能になります。
FASでは太陽光発電と蓄電池、それぞれの利点を合せた蓄電池システムを開発しています。

一般販売モデル仕様

蓄電池部

電池種類
リン酸鉄リチウムイオン

定格容量

7.2kWh

インバーター部

定格出力電力(最大)

1.5kW

定格出力電圧
AC100V ※1

定格出力周波数

50/60Hz ※2

出力波形
AC90~240V

AC充電器部
(商用電源充電)

定格入力電力(最大)

1.2kW

許容入力電圧範囲
AC90~240V

許容入力周波数範囲

47~63Hz

満充電時間
約6時間

DC充電器部
(太陽光充電)

定格入力電力(最大)

1.6kW

許容入力電圧範囲

DC0~150V

満充電時間
1日※3

システム

外形寸法

600(W)×500(D)×740(H)mm ※4

重量
130kg
動作温度
0~40℃
動作湿度
0~90% ※5
設置場所
屋内 ※6

保証期間

お買い上げ日より1年間 ※7

1:海外やEV用に、200V,220V,230V,240Vに変更可能です。事前にご相談ください。
2:購入後にも周波数については切替が可能です。ご相談ください。
3:日照時間が7.5時間以上の晴天時になります。
4:キャスターの高さを含めますと、600(W)×500(D)×806(H)mmになります。
5:結露しないようにしてください。
6:直射日光を避け、水はけの良い、高温多湿にならない場所に設置してください。
7:無償修理規定がございますので、ご確認ください。
8:爆発物がある場所及び爆発性ガスの発生する場所には設置しないでください。