防災 水蔵

蓄電池

太陽光発電

安全な地下室

自主防災住宅

長期優良住宅

会社案内

施行例

土地・建物

介護事業みらい

全国住宅産業協会

伊藤忠建機株式会社

太陽光発電 普及拡大センター

E-solar

あなたの家族を守る貯水装置震災等、いつ起こるかわからない非常事態に。自らの安全は自らが守る。
日常生活で水道水を使用することによりタンクの水が入れ替わり、常に新しい水が循環し、水を入れ替える必要がありません。
(電源・メンテナンス不要)通常は水道管の一部とし、常に新しい水が流れています。
安心の備えできていますか?
大規模災害になった時、行政機関や自治体の公的支援(消防や自衛隊など)が災害地に到着するにはかなりの時間を要します。実際、東日本大震災では、給水車が被災地へ到着するのに2〜3日かかったそうです。
ライフラインの中でも「生活用水の確保」は人びとの生命や生活、社会基盤を支えるため最も重要だと言われています。飲料水としての必要性はもちろん、災害後の生活ではトイレの水や洗い物など、あらゆる場面で水不足が問題になります。あなたは、生活用水の確保に自信がありますか?

震災時の水不足による問題

東日本大震災後、避難所生活では、生活用水の不便が生じ水道等のインフラが復旧してしていなしいこと、入浴の機会があまりないこと、 トイレの数が少ないこと、などが避難所生活もにおいて困ったこととされています。


震災時の水不足による問題




清潔な水の確保の難しさ

災害時には飲料水だけではなく、医療用(投薬や消毒)としても清潔な水が必要になります。今までの水の確保の方法で十分だと思いますか?


災害時、確保している飲料水の種類による比較

ペットボトル
入りの
保存飲料水
ペットボトル入りの保存飲料水を家庭で備蓄する場合、4人家族だとすると「3リットル(一人あたりに必要な生活用水)×4人=12リットル」。さ らに、パニックが収まり給水車がやってくるまで一週間分を備蓄したとすると「12リットル×7日=84リットル」。最低でもこれくらいは確保する必要があります。その他、洗顔歯磨き等の生活水、食事の調理用水など 最低限必要な量を加えるだけでもかなりの水が必要になります。また こうした保存飲料水には有効期限があり、さらに、84リットル分のペットボトル(2リットルのペットボトル42本) のCO2排出量は約8kg。それを数年ごと交換していくとなると環境問題の面からも決して最善の策ではありません。
エコキュート
等、貯湯型
給湯器
「エコキュート」や「電気温水器」はそれぞれのタンクに水を貯水するタ イプの給湯システムです。そのため、災害時などはタンクにためてある 水を生活用水としても活用することができるという安全性の利点もあ ります。しかし、1度沸かした水は塩素が飛んでしまうので、水の劣化が早まるため生活用水としては使えますが、飲料水などにはあまり適しているとは言えないでしょう。
受水槽 集合住宅・集合ビルなどで屋上に備える受水槽は、いざという時の貯水 槽として期待されていましたが、受水の管理の難しさと課題が大きかっ たこともあり、最近は水道圧を高圧化して直接建物に水道を供給する 直結方式が主流となりつつあります。こういった時代背景のもと、新た な貯水システムの検討が求められております。
水蔵の特徴
水蔵の特徴
水蔵の特徴
群馬大学との共同開発によって
実現した新構造。

(特許 第3487721号)

水蔵の特徴
日本水道協会認証品です。

(日本水道協会 認証 2-288)

水蔵の特徴
水道管直結式の
飲料用貯水装置です。
水蔵の特徴
地中埋没式の為、災害時に
転倒・破損の恐れがありません。
水蔵の特徴
電源やメンテナンスが不要で、
ランニングコストがかかりません。
水蔵の特徴
通常は水道水がタンク内を循環し、
新しい水で満たされています。
水蔵の特徴
断水時に4人家族が1週間程度生活
できる生活用水を確保することが
できます。

(ST-85Lの場合)

水蔵の特徴
CO2排出量削減効果。

(例えば水蔵500リットル2基を設置した場合、1年間に削減できる二酸化炭素はおおよそ70kgとなります。)

タンク内の水は滞留いたしません

水蔵の特徴
本装置に入る特別な導入ノズルにより、下図の様にタンク壁面に沿って流れます。
その為、タンク内の水はこの流れにより常に清水でみたされるのです。


T 流量 60ml/min. 流量 120ml/min. 流量 250ml/min.

1

0.02

0.03

0.06
3

0.05
0.09
0,19
10

Tn = 0.15
0.3
 

30

Tn = 0.46
 


53分 Tn = 0.81
18分 0.55
6分 0.38
群馬大学工学部小保方研究室貯水槽内流可視化実験

紹介ムービー


※200リットルタンク及びフランジ型は現在、製造販売はいたしておりません。
※水汲みポンプは型式により異なる場合がございますのでご了承下さい。
※実験用は180リットルでの例ですのでタンクの大きさにより満水時間など異なります。


開発元

日水協認証工場